読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋一生のananで取りはじめるコミュニケーション

高橋一生が表紙のananを買いました。家から歩いて3.7km先の本屋さんへ買いに行きました。自転車とかバスとかで行けばいいものをなぜ歩いて行ったかというと単純にバス代がもったいないのと私に3.7km体力がないからです。

 

買うときはとっても普通に買えたし家でも堂々と読んでます。最高の本ですね。目線が色っぽい。髪の乱れ具合がなんとも絶妙ですし。尾崎世界観の写真写りもいい。プロはすごいぞ。「尾崎世界観が伊野尾慧に見える」がそれまで一切分からなかったけどanan見たら少し分かった気がした。でもきっとそれはプロの力。やはりプロはすごいぞ。

 

ananを買ったこと、高橋一生が素晴らしかったことをとにかく誰かに言いたかったし共有したかった。しかし私はLINEが苦手。それは以前に書いた記事でもお分かり頂けると思います。(http://saisaki.hatenablog.com/entry/2016/09/14/184007

 

目の前に人がいないと送った文章が自分の思っている風とは違った意味に取られると嫌だからだ。それと同じ理由でTwitterのリプもDMも苦手。したい気持ちはあるものの、苦手。

 

この高橋一生を見た気持ちを共有したいしついでにLINEリハビリみたいなものも兼ねて、高橋一生が好きな中学の時に仲の良かった子にLINEをした。

 

高橋一生のanan買ったよ〜」

 

前に比べるととても軽い。フランクで軽い。妹と適当なLINEをずっと送りあってることに効果があったのかもしれない。それにしても軽い。わたあめ。それは嘘。友達はanan3冊買ったらしいです。猛者。

 

そこから今もLINEのやりとりが続いています。相手がまだ続くことに煩わしく思っていなければいいけど、私は嬉しいし、楽しいです。

 

まだ高橋一生の話題から抜けられていません。元々高橋一生の話から始まったから当たり前だとは思うんだけど。ドラマの高橋一生が素敵だとかそういう話ばっかり。せっかくLINEが続いてるのだから他校の話とかも聞けるようになりたいです。デザイン系をやってるそうなので、そういう話などが聞きたい。

 

そして出来ればまたその子と遊びたいですね。